種類

補聴器の選び方を知る場合は、まず補聴器の種類について知る必要があります。現在普及しているのは、耳あな型と耳かけ型の2種類です。
耳あな型とは、補聴器全体が一体型の物で、そのまま耳の穴に差し込んで使うことができます。それに対して、耳かけ型は、名前の通り耳にかけて使用するタイプです。
普及しているのは耳あな型と耳かけ型の2つですが、その他にもポケット型と呼ばれるタイプもあります。
ポケット型は、本体が箱状なのでポケットに入れて使うことが多いです。そのためポケット型と呼ばれているのです。
それぞれ聞こえ方の特徴が異なるので、理解しておくことで正しい選び方をすることができます。

なるべくナチュラルな音で聞きたい場合は、耳あな型の補聴器を選ぶようにすると良いです。
耳あな型は、耳の穴に直接入れることができるため、耳本来の機能を活用することができます。音をしっかりと集めることができたり、前方の音を聴きやすくすることができたり、などの耳の機能を活用できます。
補聴器の選び方は、専門店の人が決めることが多いですが、このような種類に関して知識を持っておくと、納得した上で選ぶことができます。

耳かけ型の特徴は、補聴器を購入してすぐに付けることができるという点です。また、マイクロホンは耳の上にあり、耳の穴まではある程度の距離があるのでハウリングが起きにくいのです。そのため、軽度の難聴の人から、重度の難聴の人まで幅広く利用することができます。
ですから、選び方としては、すぐに補聴器が必要という場合は、耳かけ型の方が良いです。
なるべく簡単な操作で利用したい、安い価格で抑えたい、という場合はポケット型の補聴器を選ぶと良いでしょう。
種類の特徴を知っておくと、正しい選び方をすることができます。