値段

補聴器を購入する際に気になるのが、価格です。補聴器は高額と言われることが多いですが、条件が合えば医療費控除を受けて、安い価格で購入することができます。
自分に合った補聴器の選び方を知ることも大切ですが、どれぐらいの価格なの知ることも大切です。
補聴器と一言で言っても様々な種類があるので、価格もピンからキリまであります。片耳で40,000円の物もあれば、500,000円近くの物もあるのです。
高額な理由もあるのですが、高ければ良いというわけでは無いので、目的別の選び方、相場を知りましょう。

私達は無意識に、商品の価格が高いと、高品質と思うことがほとんどです。確かに、価格が高くなると様々な機能がつくことが多いです。
補聴器も例外ではなく、価格が高くなるにつれて上位機種になります。
しかし、上位機種になるからといって、聞こえ方が良くなるとは限らないので。選び方次第では悪くなることもあります。正しい選び方をすることで、安い補聴器で良い聞こえ方がするのもあります。
メーカーによって価格は異なるので、同じぐらいの価格だからといって、性能が全て同じではありません。

補聴器を自分だけで判断して選ぶ、というのは正しい選び方とは言えません。その理由は、それぞれのメーカーだけで補聴器の種類は100種類程度があるからです。
説明を読んで理解するとしても、100種類の補聴器の説明を全て理解するのは簡単ではありません。
ですから、選ぶ際は専門的な知識を持っている補聴器店で相談することが大切です。まずは専門店に行くことが、正しい選び方と言えます。
お店だけではなく、補聴器の相談に乗ってくれる耳鼻科医もあるので、探してみると良いでしょう。
専門店に相談に行く際は、現在聞こえ方で困っている状況、補聴器の予算、種類などを決めておくと、話しはスムーズに進みます。